【藤井セミナー】少人数制の大学受験英語塾 【東京都】立川教室

説明会日程はコチラ
地図はコチラ(立川教室)

藤井セミナーへ

立川教室ブログ

「お前は無理や...」と思われてる君!...奴らをアッと驚かせよう!。
人生で一番自分を大きく変えるチャンスが大学受験!







2018年2月受験者 合格体験記
合格おめでとうございます


★ 石川周くん(卒)(軽音楽部)早稲田(教・商)上智(ポル語・スペ語)明治(営)// 去年は早稲田人間科学部に補欠合格しましたが、残念ながら届かずもう一年頑張る決意をしました。藤井セミナーは安く勉強できる環境が手に入るし、授業も週2なので自分のやりたい勉強に時間が割けるのも魅力です。僕の場合、苦手だった現代文の勉強ができたので、苦手分野を潰して受験に臨めました。また毎週模試感覚で英文を読めるのも良かったし、その結果がランキングとして出されるので気持ちを切らさず頑張ることが出来ました。受験勉強を通して主体的な姿勢も身についたし、念願の早稲田大学にも合格できたので、大満足です。



★ 小林史弥くん(卒)(軽音学部)中央(文)// 現役生のときは個別の学習塾に通っていました。学習の底上げはできたものの、大学受験に特化した塾ではなかったので、浪人決定後に大学受験専門の予備校に通おうと思い探していたところ、友達に勧められて藤井セミナーに入塾をしました。偏差値は低いときで英国社オール40台でしたが、最終的には英語65、国語70、世界史72にまで上がりました。長文の復習を徹底的に頑張ったら長文の読み方が分かって、どんどん点数も伸ばしていけました! 藤井セミナーでは色々なトピックの長文を扱うので、勉強を通して将来について視野も広がったと思います。藤井セミナーに入るまで得点調整のことも知らなかったので、世界史で足を引っ張ったら確実に落ちると思い、とにかく必死に世界史も頑張りました。違う高校のできる子とも仲良くなってすごく刺激を貰えたし、同じ大学を目指して一緒に自習室で勉強ができたのも良かったです。周りの浪人した友達は大手予備校に行ったのですが、GMARCHに受かったのが僕ぐらいなので、ちょっと驚いています・・・。



★ 千葉康平くん(卒)(テニス部)学習院(文)中央(経)// 現役のときは大手予備校に通っていましたが、映像授業で正規の先生に質問できなかったのがストレスでした。藤井セミナーが英語に特化した塾と聞いて、浪人は藤井セミナーで頑張ろうと思い入塾しました。藤井セミナーで浪人している子もGMARCHを目指していてレベルも高くて「こりゃあ負けられないな!」と火もつきました。英語と国語は偏差値が低いときでそれぞれ46、49でしたが、単語熟語と長文復習を徹底的に頑張って、最高で63、60に伸びました。日本史は得意と自負していて偏差値も69でしたが、毎週ランキング化され、自分がどれくらいの位置にいるのかわかるのもいいなと思い受講しました。日本史の授業は、大学の過去問で時代別に演習できるため、自分が覚えてない所や苦手な時代も把握できて、苦手な範囲を潰すこともできました。その結果、偏差値が最高76にまで上がりました!浪人したからにはGMARCH受からないと格好がつかないなぁと思い、1年間自分を律する力も付けられました。藤井セミナーで言われたことを実践すれば必ず伸びます!!



★ 村上直也くん(卒)(野球部)明治(農:セ)、学習院(経・法・文)// 兄が藤井セミナーに行って、受験したGMARCHに全勝したので、入塾することにしました。高3のときは評定平均が2.4で、偏差値もオール30で悲惨でしたが、最終的には英語・社会が70にまで上がりました!暗記にセンスなんて必要ないなと思えました。また兄の影響で自分も力試し程度に夏にTOEICを受けてみたら約600点を取ることができて、さらなる手ごたえを感じました。本番の入試でも、センターでは英語と社会は9割、一般入試では英国社9割をとることができました。藤井セミナーは週2回の授業なので、自習時間が多くて自分のやりたい勉強ができて良かったです。頑張った分だけ結果もついてきて第一志望に合格することができました。



★ 石田隆晟くん(卒)(サッカー部)上智(文) 中央(文)// 藤井セミナーでは、予習がなく復習がメインなので自分のペースで効率よく勉強を進めることができます。また藤井セミナーでは授業が週2~3日で比較的自由な時間が多いので、この1年でたくさん読書をして、日本史や古典・漢文の暗記にも多くの時間を使うことができました。そのおかげで、国語も日本史も模試では偏差値は70になり特に国語は偏差値30アップしました。大手予備校では、自分にとって必要のない授業を取らされたり、行きたくない大学を勧められたりしますが、藤井セミナーは自分の志望大学出身の先生がいて仲良くなれるのでモチベーションを維持することができました。浪人して大手予備校に通っている友達が受験に少し苦戦しているのを横目で見ていると、授業料は大手予備校の半分以下で時間的なゆとりがある藤井セミナーにしたらいいのにと内心思っていました。



★ 鎌上将くん(バスケ部)法政(国際文化)// 国際系の学部に行きたかったけど、英語の勉強の仕方が分からず、高2から入塾しました。夏期講習の長文講座では、10日間で大量の長文を読み込まなければならないのでなかなか大変でしたが、必死に頑張ったら長文が一気に読めるようになったし、得点源にできるようになりました。夏は長文講座がメインなのに対して、冬期講習は文法対策がメイン。文法のおさらいができたし、入試でも冬期講習で出てきたものと類似した問題がたくさん出てきたので、取りこぼしなく点数にできました。学校の先生に無理って言われたけど、塾で何度も何度も励まされたので最後まで頑張ることができました。逆転合格できてよかったです!!

ページ先頭このページの先頭へ